ホーム

治療対象

アルコール依存・薬物(シンナー、覚せい剤、マリファナなど)依存・ギャンブル依存・買い物中毒・虐待・DVなどの暴力・摂食障害・クレプトマニア・共依存・AC・ひきこもりなどの嗜癖問題を、診察・個別の精神療法・集団精神療法・デイケア(主としてアルコール依存症)・薬物療法で治療しています。集団療法には、アルコール男・アルコール女・薬物・摂食障害・子育てに不安のあるお母さん・AC・配偶者があります。また、子どもがアルコール問題や薬物問題や摂食障害を有している親の集団療法の時間があります。また、依存症についての教育プログラムがあります。もちろん、他の精神科疾患---うつ病・統合失調症・神経症なども治療対象です。

クリニックからのお知らせ

NABAのメッセージミーティングは、当面は中止とさせて頂きます。再開についてはホームページをご確認ください。

金曜日の夜の診療について

金曜日の夜の診療を令和3年3月31日をもって終了いたします。
金曜日の受付時間は17時までとさせて頂きます。ご了承ください。

令和3年4月1日からは、夜の診療は火曜日のみになります。

年末年始休診のお知らせ

令和2年12月29日~令和3年1月3日が休診となります。

院長コラム更新のお知らせ

当院院長が中日新聞(令和2年5月24日・日曜日)に掲載されました。
詳細はこちらのページでご確認ください。

減酒外来のお知らせ

お酒との付き合い方を変えてみたい方を対象とした減酒外来を行なっております。
詳細はこちらの「減酒外来」のページでご確認ください。

当クリニックのパンフレットを作成いたしました。

>>こちらから印刷もしくはダウンロードできます。