一般医と精神科医の連携、自助グループについて

―外来でのアルコール問題―プライマリ・ケアで遭遇するアルコール問題を抱えた患者の診かたー 一般医と精神科医の連携、自助グループについて 西山 仁西山クリニック はじめに  大量飲酒、精神障害、身体・内臓障害、生活障害をも […]

詳細はこちら

睡眠とお酒の関係

睡眠への影響 お酒を飲んだ方が眠りやすいと感じたことはありませんか?寝つきを良くするためにお酒を飲んでいる人の多くがその効果を実感しています。確かに、お酒は寝つきのみを良くしますが、お酒で寝つきを良くする効果は、3~7日 […]

詳細はこちら

中日新聞(令和2年5月24日・日曜日)に掲載されました

詳細はこちら

アルコール依存症は病気

◇病的飲酒習慣とは アルコールは、合法的、日常的に手に入れることのできる依存形成作用のある薬物です。依存形成作用をもつ薬物は、アルコールの他には麻薬・覚醒剤・コカイン・シンナーなどがあります。  アルコールを飲んでいると […]

詳細はこちら

アルコールの作用機序

内科臨床誌メディチ―ナ(医学書院) 2005.9掲載 ポイント ◆経口摂取されたアルコールは、約20%が胃、約80%が小腸で吸収される。胃の状態(切除の有無、胃の運動、内部の食物など)、アルコールの濃度、アルコールの種類 […]

詳細はこちら